美肌本舗 アイテムページ !!! 戻る時は、ブラウザの「戻る」ボタンを使ってください

ギムネマ茶100%

ギムネマ酸は小腸でブドウ糖の吸収を抑制する働きがあるので、血糖降下剤と併用すると低血糖を起こすおそれがあります。

ご一緒にいかがですか?
亀甲土瓶1.5L(茶・緑)
皆様の長寿を保っていただくため、亀は万年の縁起をあしらった亀甲模様となっております。(ウチダ和漢薬)
 ギムネマは、インドを中心に自生するギムネマ・シルベスタというガガイモ科のつる性植物です。この葉を乾燥させて、普通のお茶と同じようにして飲むのがギムネマ茶です。

 サトウキビの原産地であるインドでは、糖尿病患者が多く糖尿病予防の民間薬として長い間飲まれてきました。ギムネマは古代より、糖尿病の治療や肥満に作用するものとして長く使われてきました。
 ギムネマの葉は甘みを感じなくなる性質があり、これを噛んでから甘いものを食べてもまったく甘さを感じないと言われています。甘味を感じなくなる原因はギムネマの成分であるギムネマ酸が甘味を感じる味細胞と甘味物質が結びつくのを阻害するからだと考えられています。

 食物が胃に入ると酵素によって分解されてブドウ糖になり、小腸に送られ酵素の働きで吸収されます。ギムネマは、この小腸の酵素の働きをブロックする働きがあると言われています。ブドウ糖の吸収率が下がれば血糖値が上がらないので、インシュリン(ブドウ糖(グルコース)を調節する働きをする)が過度に分泌されなくなります。分泌が抑制されれば、脂肪を細胞内に取り込んでおく力が弱くなります。小腸で吸収されなかったブドウ糖は、脂質にならずに善玉菌の栄養となり、便通をよくする働きがあると言われています。太りたくはないけど、甘いものがどうしても辞められない方、ご飯や麺類など炭水化物が好きな方には肥満防止としていいかもしれません。ただし飲みすぎはよくないと言われていますので、箱の説明をよく読んでから適量をお飲み頂くのが良いでしょう。
商品の購入はこちらから↓
Unknown MySQL server host 'db01.atserver.jp' (1)